★ 長崎市在住。団塊の裾の世代。服飾小売店自営業者。
趣味はジョギングの他に磯釣り。器用でないのか趣味は両立できない。
磯釣りは10年間ほど男女群島に通い幻の4kg級オナガグロ(沖メジナ)を追い回したが、とうとう出会えずに60cm 3.7kgのオナガを釣り上げて、一応釣りは卒業した。
 マラソン履歴は長崎くんちに出場するために体力維持の為平成4年に始めた。
1993年初マラソン「泉州国際マラソン」食中りでドクターストップにも拘わらず強行出場し、途中気を失ってリタイヤ。初完走は1994年「尼崎国際マラソン」3時間20分。練習では3時間14分を出したのが密かな自慢だったが、どうやら距離が短かったようだ・・・。でもその事は私以外は誰も知らない・・・。以降故障を繰り返し望むと望まざるとに拘わらずファンランになってしまった。ウルトラに転向し初ウルトラは「しまなみ海道スーパーマラソン100km」で地獄のような暑熱の洗礼を受け70kmで熔解・・・。完走率30%という前代未聞の完走者達のゴールシーンを見て圧倒的な衝撃を受ける・・・。この完走者達が永遠の憧れの存在となってしまった・・・。

 ウルトラ初完走は「富士五湖117km」、時間14時間24分。遅れて初100キロ完走は「サロマ湖100km」。以降全国のウルトラを走って、中年世代の逞しさに感心してしまう。ほんぢゃ、おいらもという事で萩往還250kmに平成17年初完走。前年豪雨の中を213km地点でリタイヤした時に大会のあり方に感ずるところあって、スポーツ事業としての大会と町おこしの大会との参加費の面での落差を感じ始め大会毎の考察を行うようになった・・・・。 ★ 

モットー  付かず離れず離れず群れず

前のランナーを追い越せそうだったら追い越したり。

追い抜き返されたらすぐ諦めたり。

きつくなったら女性ランナーの後に付いてお尻を眺めたり。

全国のフル以上の大会の経費計算をしたり。

    

それでランナー思いかそうでないか判断したり。

友をウルトラマラニックの世界に甘い言葉で誘惑したり。

ラン後に飲む事をこよなく愛したり・・・・。

     

     遊びをせむとや生まれけむ・・・。一年中走りまわるのだ・・・。